沖縄県南城市 富里区 手ぬぐいデザイン

南城市の各地域の魅力を掘り起こす南城市エコミュージアム事業でデザインした手ぬぐいです

 

富里は小高い山の麓にあり、そこから流れてくる水が区内を通っています。

大正10年に造られた手をゆすいだり、水に触れて涼しんだりできる地域の集い場でもあり『正泉井』と呼ばれる拝所を中心にデザインしました。

富里地区ではここで綱引きやエイサーをした楽しむ風習が今でも残っていて地区の中心となっています

 

ふさとデザイン

 

 

スクリーンショット 2022-07-25 14.14.42

 

スクリーンショット 2022-07-25 14.15.16

 

 

 

スクリーンショット 2022-07-25 14.15.23

 

 

スクリーンショット 2022-07-25 14.13.44

一覧へ戻る