デザイン事務所にデザインを相談する適正なタイミングはいつ?

お役立ち

デザイン事務所にデザインを相談する適正なタイミングについて

相談のタイミングがゆっくりで、すごくもったいないと思う事が多いので今回ブログに書こうと思いました。

 

例えば新規でお店をオープンする際などに1週間前にご相談の問い合わせをされるケースもあります。

その場合はやはり、十分にご相談を聞いたり考える時間も無い状況なので最初でお断しています。

簡単に言うと、急いで作った物と、時間をかけて作った物どっちが良いものができるでしょうか?

ロゴ、チラシ、看板とお店や会社の重要な顔になるデザインなので、時間をかけて作った方がいいからです。

 

じゃあどれぐらいの時期が適正かと言うと、『早ければ早いほど』です

事業の規模を問わず、ほぼやるなと決めたらすぐ相談してもいいと思います。

本当に早い場合は1年前から相談に来られる方もいます

まだ素案の段階の計画をデザイナーに聞いてもらうだけで、整理されてまとまるという事もあります。

場所探しの段階などで相談に来るのもいいです。

早く相談されるのは全然OKです!

 

とは言え、県民性かな?大半の方がゆっくりなのが現状です。

考えている事業の規模によっては、デザインの範囲や作る物の量が変わってくるので時間がかかる場合もあります。

また、デザイナーのスケジュールによりタイミング的に厳しい場合もあります。

 

やる事がある程度決まっている方は、まずはご相談してみてください。

デザインは早めに相談した方がいいですよという話でした。参考までに〜

 

写真は倉庫地球のかけらパンフレットデザインの打ち合わせ

ゆっくりと時間をかけて作りました。

 

デザイン事務所デコールへのお問い合わせ

ご相談は予約制となっていますので、メールかお電話にてお問い合わせいただき、日程のご予約をお願いします。

tel. 098-979-6455

e-mail. info@haisai-decor.com